スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

love sewingさん 配色切り替えワンピースでツーピース

lovesewing1_wear_front.jpg lovesewing1_wear_side.jpg lovesewing1_wear_back.jpg

<型紙> love sewingさん 配色切り替えワンピース
<サイズ> -
<用尺> ブラウス:1m程度(W幅) スカート:1.5m程度(幅90弱)
<生地> ブラウス:光沢ありの 綿ポリ混紡 スカート:張りのあるポリエステル
<生地お店> ブラウス:アトリエヨネザワ スカート:繊維シティ(新大阪)

<変更点>
-ワンピースをツーピースに
‐スカート丈を +4cm

<縫製>
Love Sewing!のtaecoさんが配信されているフリーパターンです。
見本を見たときからカワェェ~って、唸りました。
フリーでいいのかしらと思うCADパターン。
しかも見やすい仕様書付き!taecoさん、ありがとうございます。

今回は、ワンピースをブラウスとスカートに分けました。

lovesewing1_put_blouse.jpglovesewing1_put_skirt.jpg
スカートのウエスト部分は太ゴムで。スカートは裏地付です。
(裏地の付け方は仕様書にあり)
ゴムは、ウエストにフィットしてお尻が通る長さでカットし、輪っかにします。
縫い合わせ部分の縫い代を落ち着かせるため、縫い代は割り、ジグザグでたたきつけました。
表スカートと裏地スカートは合わせてウエストにロックをかけたのち、
ウエストゴムを伸ばしながら、たたきつけました。

ブラウスは、裾にロックをかけ、2㎝折り返し、紐通しにしました。
綿の細いレースを通したら、ちょうどいい感じになりました~
初心者な私は、袖の仕上げ方が間違ってしまってるような気がしますが、、、まあ、いっかぁ。


<デザイン 着心地>
☆ブラウスについて。
清楚にゆるい感じで、とても気に入っています。
短い丈が、長いスカートやタックズボンに合いそうと、縫い脳が発火したため、
3段のフリルスカートを作成中。

☆スカートについて
157㎝、アラフォーの私には、ちと短めだったので、
膝ちょい上にすべく、丈を伸ばしました。
生地に張りがあり、しかもゴムウエストにしたせいか、
「ボン」とした感じになってしまいました。。
もっとコクーンっぽい感じが好きなので、
落ち感のある生地、もしくはニットで、再挑戦したいです。

<その他>
次回は、
 ‐スカートはドレープの出やすい布で
 ‐ワンピースにする場合は、ブラウスの丈も若干(3㎝くらい)のばす。

taecoさん、ステキなパターンをありがとうございました!

スポンサーサイト

MPL ラップドレス

MPLdress1_wear_front.jpg MPLdress1_wear_side.jpg MPLdress1_wear_back.jpg

<型紙> MPL ラップドレス
<サイズ> 7号
<用尺> W幅 3m弱

<生地> 中薄ポリエステル 
とても乾きやすい上にシワができず、日常着としてはサイコ―に扱いやすいです。

<生地お店> 船場5号館1F ミモト カワイ繊維(たぶん)
スポーツウェアに使うような、機能性のあるかわった生地がありました

<変更点>
‐丈 -5cm
‐リボンをわだちにして、袋ぬい
‐リボンを通す穴 3.5→5㎝
‐ポケット省略
‐スリップの上身ごろ +2㎝

<縫製>
初の襟付き。
いつも、パーツ少な目、手間最少ソーイングをしているためか、
とっても達成感あります。
ちょこちょこ1週間くらいかけて仕上げました。
コパステッチが多くてクラクラしましたが、
扱いやすい生地に助けられました。

<デザイン 着心地>
上身ごろが、もたつく?ような気がしました。
もう少しハイウエストが私的お好みです。
さらに、歩いていると裾がはだけます。
スリップのスカート部分を本体の生地で作れば、
めくれても気にならないかも、と妄想。

ともあれ、お仕事着と思って取り組んだ甲斐あって、この夏大活躍です。
6月から外出時はいつもこのワンピース。
お客さんは、制服なのか?作業着なのか?と思っていることでしょう。
そろそろ、もうひとつくらいお仕事着を投入しなければ。

<その他>
次回は、
‐リボンを+2~3cm くらいハイウエストに
‐スリップのスカートは本体と共布で

たまねぎ工房 Leia

Leia_wear_front.jpg Leia_wear_side.jpg Leia_wear_back.jpg
<型紙> たまねぎ工房 Leia
<サイズ> 38
<用尺> 忘れてしまいました
<生地> 本体: シルクシフォン   ヨーク:綿とシルクの混紡 中肉 光沢あり 
<生地お店> どちらもアトリエヨネザワ

<変更点>
‐前上身ごろ丈を +3cm
‐裏地付
‐ヨークと同じ布で、リボン風ベルトを追加
‐脇にベルトの糸ループを追加

<縫製>
ほぼ1年前に作り、夏になったので再び登場したLeia。
ハート型のカーブの苦労は、1年たっても忘れませんが、
再挑戦したい闘志も湧いてきました。

裏地は本体と同型です(ただし、スカート丈は-5㎝)。
仕様書のアレンジ紹介のとおり、
上身ごろ裏地はヨークに挟み込み、スカート裏地はウエストの切り替えに挟み込みました。
簡単に裏地がつけれるので、レースのワンピもよさそうです。


<デザイン 着心地>
試作時に、上身ごろが持ち上がったため丈を伸ばしました。
上身ごろは落ち着いたのですが、
今度はウエストラインがきれいな直線にならず、グニャっと。
裏地の重さのせいもあるかもしれません。

さらに布が、パステル調の甘々柄シフォンのためか、なんか膨張します。
(好きなものと似合うものは違うのね。。。)

全体的にボアっとした印象の仕上がりに。
そこで、共布のリボンを正面で結んでみました。
しかし、結び目部分が重みで下がり、かえってダラシナイ印象も。
ループに通して横で結ぶと改善しましたが、
うーん、私は前リボンが好きなんです。

<その他>
すごく楽ちんに着れるので、工夫しながらベストな条件を探りたいです。

次回は、
 ‐裏地なし 薄地で落ち感のあるニット
 ‐裏地つき 軽めのニットレース 
 ‐ウエストの切り替えに紐を通し、正面で結ぶ。

ANNEE-PATTERN 751クルーネックニットワンピース

A751_wear_front.jpg A751_Iggy_wear_front.jpg A751_Iggy_wear_side.jpg

<型紙>ANNEE-PATTERN 751クルーネックニットワンピース
<サイズ> 12 40
<用尺> 1.2~3m(W幅くらい)
<生地> ポリエステルニット ラメ糸変わりおりボーダー 厚めでしっかり 
<生地お店> パキラ
<変更点>
‐丈を5㎝延長
‐袖の肩部分が変な余り方をしたため、袖が付いた状態で両肩を1㎝詰めた
‐襟ぐり、袖、裾にラメと同じ銀色の細いレースをつけた

<縫製>
ファスナーなしのかぶりワンピースなので、縫製は簡単です。
説明書がないので、以下覚書。
1.前後身ごろとも、ダーツを縫う 
2. 肩を縫い合わせる 
3.襟ぐり見返しを縫い合わせる
4.襟ぐり見返しと身ごろを縫い合わせる。縫い代はギリギリまでカット 
5.脇を縫い合わせる
6.袖を作って縫い合わせる 
7.裾上げする

今回は、3、6、7の工程でレースを付けました。
襟ぐりは見返しに挟んだので、今回はそこが一番の難所だったかも。
スティックのりが活躍してくれました。
A751_put_front1.jpg

<デザイン 着心地>
ファスナー付けを避けながらも、ほっこりしないワンピースサイズを探していました。
シンプルでほどよくフィットしたラインは、とても気に入りました。
たまねぎ工房さんのIGGY(オレンジ色のはおりもの)にピッタリのワンピースです。

しかし、デコルテのあたりが妙にきつい。。
布のせいかな、肩詰めのせいかな、気のせいかな、
そう思ってもう一回(今度は長袖で、肩詰めなし)でつくったけど、やっぱりきつい。
この部分って、どうやって広げればいいのかしら。勉強しよう。
(以下、長袖バージョン。いい布なんですが白以上に膨張するのぉ。。丈切ってカットソーにしようかな。)

A751_2_wear_front.jpg A751_2_wear_back.jpg

<その他>
次回は、
 -デコルテあたりを広げる
 -半袖の方部分を落ち着かせる方法を見出す
を試みて、自分によりピッタリなパターンにできればいいな。

Butterick 5495 その2

B5495_2_wear_front B5495_2_wear_front_side B5495_2_wear_side

<型紙> Butterick 5495
<サイズ> 12
<用尺> 1.5m(W幅くらい)
<生地> NYdesigner taupe/mocha dotty print knit   
<生地お店> emma one sock

<変更点>
‐チュニック丈から9㎝延長
‐ヒップ~裾+1㎝(前後両端でトータル4㎝) ウエスト~ヒップにかけて徐々に+1㎝

<縫製>
最初は、V字部分を適当に5㎝位詰めましたが、
きれいなドレープが出なかったので断念。
緻密に計算(?)されたVなのでしょう(私には補正むり)。

裾は、ミシンでまつりあげしました。
布が薄くてテロテロ気味なので、布端を縫おうとすると、布が針穴に落ちてしまう。。
2針4本糸で裾ロック+スティックのりで固定で、なんとかうまくいきました。


<デザイン 着心地>
サイズをあげて(10→12)、ヒップをだしたら、サイズぴったり。
ポッコリおなかと、ムチムチ上半身(決してグラマーではない)を
ほどよいドレープがうまくカバー。
う~ん、なんて愛いやつなんだぁ。
ただし、丈が長いと、ミョーなアダルト感が漂うので要注意です。

簡単なのに凝った感じに仕上がるという、私にとってミラクルパターンです!
だらしなくないし(むしろチャンとした感じ)、オフィスにぴったり。
シワにならないので、出張にもグー。
いっぱい作って、バンバン着たいです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。